×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

節約

使ったお金は全部自分の負担

一人暮らしでは、生活費は全て自分で捻出しなければなりません。
例えば、貯金があるから大丈夫と後先考えずに生活していると、やがて大変な事態になってしまいます。
まずは、その事をきっちり認識してみましょう。
管理人は実は離婚してバツイチです。
一人暮らしの生活と、とある病気から外で働くことが困難な状況の中で生活しています。
そんな中から独自の節約術をまとめているのがこのサイトです。同じような境遇の方も、そうでない方にもみなさんの参考になると嬉しいです。

目安の生活費を決める

まず一人暮らしの生活費で認識して欲しいのは、目安となる生活費です。
自分の手取りが多いか少ないかでも変わりますが、まず手取りの半分は超えないように心がけましょう。
逆に住居代が非常に高く、生活費もままならない方は移転も考えるべきです。

お金はいくらあっても損はしません。特にこんなご時勢ですから蓄えることを常に考えていかなければなりません。
生活費の目標はあくまでも、収入の半分が理想です。
まずはそれに近づけるような節約と努力をしてみましょう。



いつかは自分ひとりになる事を常に頭に入れておく

例えば今一人暮らしをしている方の中には様々な人がいるでしょう。
親も居ない天涯孤独な方。
親に生活費を援助してもらいながら一人暮らししている学生。

そもそも天涯孤独で一人暮らししている方は、このサイトを見ているとは思えません。
そういう方は、独自の節約とこの先どうやって食べて暮らしていくかを切実に考えて、すでに節約に励んでいると思います。

そうでない方や、一度真面目に将来の事を考えて見ましょう。
いつまでも親や、頼れる人物がいる訳ではありません。
いつかは自分ひとりになる事を想定して、しっかりと節約して生活費を抑え、貯金を蓄えていくのが理想的です。

こんな一人暮らしをしている方は節約の見直しが必要

 
  • 美容代・洋服代には惜しげもなくお金を費やしている
  • 寒い・暑い場合は普通にエアコンを使っている
  • 電気は付けっぱなし、テレビも見たいだけ見ている
  • 食事はコンビニの弁当やファストフードがメイン
  • シャワーの時はいつもお湯は出しっぱなし
  • 当てはまる部分がある方は要注意!

    一度生活費を見直しした方が懸命です。